メニュー

帯状疱疹予防.jp帯状疱疹予防.jp

文字サイズ

  • 標準

帯状疱疹のことを皮膚科医に聞く!

  • ホーム
  • 帯状疱疹のことを皮膚科医に聞く!

疑問に
お答えいただくのは

愛知医科大学
皮膚科学講座 教授

渡辺 大輔 先生

帯状疱疹を発症するリスクは
どれくらいですか?

80歳までに、日本人の約3人に1人が発症するといわれています

子どもの頃にかかった水ぼうそう。実は、この水ぼうそうのウイルスが帯状疱疹の原因です。水ぼうそうが治った後も、このウイルスは長い間体内に潜伏しています。
普段は体に備わる免疫力によってウイルスの活動が抑えられていますが、加齢や疲労、病気などで免疫力が低下するとウイルスが再び暴れだし、皮膚に痛みの伴う発疹が現れることがあります。これが、帯状疱疹と呼ばれる病気なのです(図1)。

帯状疱疹症のメカニズム帯状疱疹症のメカニズム

子どもの頃に水ぼうそうにかかったか覚えていない人もいるかもしれませんが、日本人成人のほとんどの方が水ぼうそうに感染したことがあると考えられています。
つまり、帯状疱疹はだれもが発症する可能性のある病気なのです。特に、50歳を過ぎると発症が急に増えて、80歳までに約3人に1人が帯状疱疹を発症するといわれています(図2)。

年齢別の帯状疱疹発症率年齢別の帯状疱疹発症率

帯状疱疹を発症すると、
どれくらい
の痛みを伴うものですか?

日常生活に支障をきたすほどの、
激しい痛みがでることもあります

帯状疱疹の症状には個人差がありますが、多くの場合はチクチク、ピリピリとした知覚過敏のような痛みが皮膚に生じ、数日後に水ぶくれを伴う赤い発疹が帯状に現れます。症状は体の左右どちらかに現れるのが特徴で、多くは上半身に現れ、顔面や頭部に現れることも少なくありません。
痛みは徐々に強くなっていき、眠れないほど激しい痛みに襲われる場合もあります。ウイルスが神経を大きく傷つけてしまうと、皮膚の症状が治った後も痛みが続くことがあり、3か月以上続く痛みは帯状疱疹後神経痛(※PHN)ピーエイチエヌ帯状疱疹後神経痛[※PHN(ピーエイチエヌ)]と呼ばれます。
その痛みは、「電気が走るような痛み」「焼けるような痛み」と表現され、日常生活に深刻な影響を及ぼします。50歳以上で帯状疱疹を発症した人の約2割がPHNになるといわれており、80歳以上の高齢の方では約3割とより高くなります(図3)。

3か月以上続く痛み(帯状疱疹後神経痛)が現れた人の割合3か月以上続く痛み(帯状疱疹後神経痛)が現れた人の割合

帯状疱疹の症状が顔面や頭部に現れた場合、目や耳の神経が傷つき、視覚や聴覚に異常が起こることがあります。重症化すると、視力低下や顔面神経麻痺などの症状が後遺症として残るおそれもあるため、症状が現れたら早期に治療を受けること、そして、そもそも帯状疱疹にかからないために、しっかりと予防することが重要です。※PHN:Postherpetic neuralgia

帯状疱疹予防の方法は
あるのでしょうか?

はい。50歳を過ぎたら、
帯状疱疹の予防接種を受けましょう

帯状疱疹はだれもが発症するおそれのある病気だからこそ、予防に目を向けることが大切です。
つらい痛みが長く続くと普段の生活がしづらくなり、仕事や趣味を楽しむことにも影響がでてきます。帯状疱疹からPHNピーエイチエヌPHN(ピーエイチエヌ)になってしまうと、それが長期間続くこともあります。
長い人生を考えれば、帯状疱疹の予防に取り組むことはとても意義のあることです。帯状疱疹を予防するには、日頃から健康的な生活を心がけ、免疫力が低下しないようにすることが基本です。50歳以上の方では帯状疱疹の予防接種ができるので、まずは医師に相談してみましょう。

もし、帯状疱疹になったら、
どんな治療をするのですか?

抗ウイルス薬を使った治療を行います

原因であるウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬を使った治療を行います。重症化させないためには、できるだけ早く治療を開始することが大切です。痛みの伴う発疹に気づいたら、症状が軽くても早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

帯状疱疹は、
ほかの人にうつりますか?

病気そのものがうつることはありません
ただし、ウイルスをうつしてしまう可能性はあります

帯状疱疹は、自身の体内に潜伏している水ぼうそうのウイルスが再び暴れだすことで発症する病気です。そのため、周りの人に帯状疱疹という病気そのものがうつることはありません。
ただし、水ぼうそうにかかったことのない人にウイルスをうつしてしまう可能性はあります。帯状疱疹になったら、乳幼児や予防接種をしていない子ども、免疫力が低下する病気にかかっている方に接触するのは避けたほうがよいと考えられます(図4)。

帯状疱疹はうつる?うつらない?帯状疱疹はうつる?うつらない?

過去に帯状疱疹にかかった人でも、
再発することはありますか?

免疫力が低下すると、
再びかかる可能性があります

一度帯状疱疹にかかるとウイルスに対する免疫力が上がるため、再発しにくくなります。ただし、全く再発しないというわけではなく、体の免疫力が低下すると、再びかかる可能性があります。一度かかったことがあっても、予防を心がけましょう。

ワクチンを接種すると、
どんな効果が期待できますか?

ウイルスに対する免疫力が強化されます

子どもの頃に水ぼうそうにかかったことのある人では、すでにウイルスに対する免疫ができていますが、免疫力は加齢とともに弱まってしまいます。
ワクチンを接種すると、ウイルスに対する免疫力が強化されます。ワクチン接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありませんが、発症を抑える効果が期待されます。また、現在国内では2種類のワクチンが使用できます。

帯状疱疹の予防接種は、
どこで受けられますか?

内科や皮膚科、小児科などで
受けることができます

帯状疱疹や予防接種については、かかりつけの医師や医療機関にご相談ください。

帯状疱疹予防の相談が
できる病医院を探す

※弊社が推奨する病医院をご案内するものではありません。

ページの
先頭へ